STEP10確定申告
確定申告にあたって
引越しのポイント
住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)
住宅ローン控除とは、住宅ローンの利用で自己の居住用住宅を購入、または一定の増改築をした場合に、その年の年末のローン残高に応じた一定額が、10年間にわたって最大500万円税額控除されるという制度です。 尚、この制度の適用を受けるためには、以下の条件が必用であると共に、確定申告の必要があります。
住宅ローン減税の適用条件
■住宅ローン減税が受けられる対象者
  1. 減税を受ける年の合計所得が3,000万円以下であること(給与所得のみの場合は、年収が3,336万円以下)
  2. 住宅の購入を行ってから6カ月以内に入居すること
  3. 購入した住宅に、入居した年の12月31日まで継続して住んでいること
■住宅ローン減税が受けられる住宅
  1. 住宅の床面積が50㎡以上であること (床面積はパンフレット上の面積でなく、登記上面積)
  2. 住宅の1/2以上を自己の居住用にしていること (居住用部分のみ控除の対象)
  3. 中古住宅の場合は以下の要件を満たしていること
    • 木造の場合は築年数が20年以内のもの
    • マンションの場合は築年数が25年以内のもの
    • 耐震基準に適合する住宅についての築年数は不問
※尚、詳細は、国税庁ホームページ、税務署などでご確認ください。