STEP5媒介契約の締結
媒介契約の種類
「住まい」の売却は、ご自身で行うことも可能ですが、不動産特有の税務知識や法律知識を必要とするケースも多いため、不動産会社に「仲介」を依頼することが一般的です。 この場合、売却時の手数料などについてのトラブルを避けるため、媒介契約を締結します。 契約の種類には3種類あり、契約期間は最長3ヶ月となります。もちろん、この期間中に売却が決まらなければ、契約の延長も可能です。

専任媒介契約書サンプル
専属専任媒介契約
この契約は、特定の不動産会社1社とのみ締結が可能で、全てをその会社に委託するため、お客様ご自身が直接買主を探して取引することはできません。 また、契約を締結した不動産会社は、週に1回以上の頻度で、売却活動の報告をする義務があります。
専任媒介契約
この契約も、専属専任媒介契約と同様に、特定の不動産会社1社とのみ締結が可能で、売り出し価格を決めて売却活動を委託します。 この契約の場合は、お客様がご自身で買主を探して直接取引をすることも可能です。 契約を締結した不動産会社は、2週に1回の頻度で売却活動の報告をする義務があります。
一般媒介契約
この契約は、複数の不動産会社と締結することが可能です。 契約を締結した不動産会社は、お客様に対して売却活動の報告をする義務を負いません。また、全ての会社での売却価格を統一する必要がありますので、もし売却価格が変更となる場合は、お客様側に各会社への報告義務が生じます。この報告を怠った場合、お客様が損害賠償責任を問われる可能性もありますので、注意が必要です。 尚、お客様がご自身で買主を探して直接取引をすることも可能です。