スムストック住宅として住宅点検の履歴た耐震性能データが保管されているのでさらに安心 スムストック住宅として住宅点検の履歴た耐震性能データが保管されているのでさらに安心

建物状況調査(住宅インスペクション)

安心1

プロの検査員による公正な第三者検査

調査報告書の提出

安心2

不具合が発生しても瑕疵保証保険で補償
最大1,000万円の保証

※瑕疵保証保険の加入は有料です。

安心3

住宅取引時の税制優遇が受けられる
  • 住宅ローン減税
  • 贈与税非課税措置
  • 登録免許税の減額

※既存住宅売買瑕疵保険の付保証明書の発行が必要です。

セキスイハイム不動産のお取引には「建物状況調査」を無料実施。だから売りやすい・買いやすい。

※調査実施については条件がございます。詳しくはお問合せください。

建物状況調査(住宅インスペクション)とは

建築士の資格と持つ専門の検査員が、第三者的な立場で住宅の状況の調査を行うことです。
中古住宅流通が主流の欧米では、当たり前に行われています。
日本でもこれから国が積極的に推進して、普及浸透する事が期待されています。

宅地建物取引業法の改正

平成30年4月1日から仲介不動産会社は、
売り主様、買主様それぞれに建物の状況調査(住宅インスペクション)の制度の説明と
希望に応じて斡旋を行う必要があります。

買主様を見つけやすく

中古住宅を購入する側にとって一番気になるのは、建物不具合が潜んでいないかどうか。
専門検査員の検査済み物件として表示・PRできるので、買主様が判断しやすくなります。

引き渡し後のトラブル回避

引き渡し後に不具合が見つかった場合、
「瑕疵担保責任」により補修費用などを売主様が負担しなければいけません。
取引前に住宅インスペクションを行って
「建物検査報告書」を提出・説明することで売却後のトラブルを回避できます。

主な検査項目(戸建て住宅)

主な検査項目
主な検査項目

柱や基礎の確認 構造耐力上主要な部分に係るもの

1.バルコニー
バルコニーのひび割れ、劣化はないか
2.外壁
外壁のひび割れ、欠損、はがれ、サッシの周囲の隙間、開閉不良はないか
3.柱および梁
柱および梁の劣化、傾斜はないか
4.土台
土台のひび割れ、劣化はないか
5.基礎
基礎のひび割れ、欠損、劣化はないか
6.床・壁
床・壁の傾斜はないか

雨漏りの確認 雨水の侵入を防止する部分に係るもの

7.内壁・天井
内壁と天井の雨漏りの跡の確認
8.小屋裏
小屋裏の劣化状況の確認
9.屋根
屋根のひび割れ、劣化、はがれはないか
10.軒裏
シーリング材の破断、欠損および、軒裏天井の雨漏りの跡の確認

水漏れの確認 給排水管路検査(オプション)

検査方法
通常歩行可能な範囲から目視・動作確認・危機による計測等(非破壊検査)
所要時間
2~3時間程度(延面積、その他条件により異なります)

※検査当日は売主様または不動産会社の立会いが必要になります。